CR花の慶次を打った体験談

大阪で知り合いの人とホール巡りに行った時に知り合いがハマっているパチンコ機種を一緒に打ちに行きました。
メーカーでニューギンの開発されたスロッターの中では誰もが知っている機種の花の慶次で私は初めて打ちましたがハイスペックであり初当たりを狙うにも一筋縄では行かず5万円程つぎ込んで、ようやく潜伏確変を通じて当たりを引いたのですが80%継続率も虚しく単発で終わりその後、残り玉も全てなくなってしまいました。
隣で打っていた知り合いは1000円で初引きしてから私が台を引き上げるまでに15箱も積んでおりました。
その日は知り合いが御飯を御馳走してくれて、明日は慶次のイベントと言ってましたので知り合いと覚悟を決めて次の日に同じ店へ朝一に行ったら今度は私が1000円で当たりを引きました。
台に座って一回転で金の扇子が出て来たのを覚えておりますが、この台の良い所は他の台と比べて演出を大袈裟に引っ張らず当たる時は分かりやしく感じました。
初引きから一撃で25箱出しましたが知り合いは30箱以上も出しておりタワー積みをしておりました。
その知り合いは、この店で連勝中にて恐れ入りました。